プチ援アプリ

 本気でセックスがしたいならプチ援アプリを使ってみろ!

言い放ったのが、大学の友人でした。

「お前、非モテでよくそんなセリフを吐けるな」

思わず突っ込んでしまいました。

「実は、今は非モテではない。セックス楽しんでいる。プチ援アプリが俺にはある!」

自信に満ちた口調でした。

「マジなのか?援デリとかじゃねえの?」

「違う、風俗業者じゃない。完全素人だ。既に5人の素人のオマンコを味わった」

衝撃を感じてしまったのです。

僕自身も実は非モテ。

彼女出来ない男です。

友人に先を越された感があり、正直悔しい気持ちもありました。

しかし、逆にプチ援アプリへの興味を強めた瞬間でもありました。

詳しい説明を受けたところ、大変有名な出会い系だったのです。

安全性は確実。

女の子の数も大多数。

強烈出会いがここに待っていると教えられたのでした。

 我慢しきれない気分から、彼の利用したアプリに登録してしまった僕だったのです。

友人に「いいか、相手は素人なんだからな、ガチで美味しいんだからな」と強く言われていたことが頭の中に響き渡りました。

そして、女の子にアプローチメールを送りまくっていきました。

 初めてのプチ援アプリで出会いを掴めてしまったのです。

同い年の女子大生でした。

条件交渉はLINEが必要でした。

最初はホ別2と言っていたのですが、貧乏大学生だからホ別苺でお願いって言ったら、それで大丈夫になりました。

 はりきって出かけていきましたよ。

アルバイトのシフトが入る前、ラブホテルで女子大生と一発かませてしまったのですから。

マジ気持ち良いのなんのって(笑)。

最高で「もう一発お願い出来ない?」と言ったら「いいよ」と簡単に返事もらっちゃって、2回戦も同じ金額で楽しませてもらってしまったんです。

その日のバイトは、やたら元気いっぱいに働けた感じがします。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。